電子タバコは今では珍しい存在ではなくなり、よく目にするようになりましたが興味は持っていても実際に使ったことがない人にとっては使い方が難しいと考えてしまいがちなのではないでしょうか。電子タバコの使い方は簡単で、まずは充電をして充電ができたら、本体からアドマイザーを抜いてそこに好きな香りのリキッドを入れ、再びアドマイザーを本体にセットするだけです。一度使えば、その後は簡単に使うことができます。しかし使う際には注意しておかなくてはならないこともあります。その一つとして上げられるのが、部品の交換です。メーカーによっても交換するべきタイミングには違いがありますが、交換のタイミングが遅れると故障の原因になります。どのようなメーカーかにより変わってくるので、しっかりと確認してから購入し使用するようにしましょう。

日本が作ったスマートな電子タバコ

輸入販売されている電子タバコの多くは、フレーバーリキッドを加熱した際に出る水蒸気を吸う仕組みになっています。日本で発売された電子タバコは水蒸気を発生させるまでは同じですが、その後タバコ葉入りのタバコカプセルを通過し、ニコチンを摂取する仕組みになっています。水蒸気はたくさん出ますが、タバコ特有の臭いや灰が出ず副流煙も非常に少ないので、周囲に迷惑を感じさせにくくなっています。この電子タバコはバッテリーとカートリッジ、タバコカプセルからなり、充電はUSBチャージャーかACアダプターで行います。これらを接続するとボールペンより少し短いくらいで、太さは紙巻きタバコより若干太いくらいのサイズになります。タバコカプセル1つで50回程吸うことができ、タバコカプセル5個使用後はカートリッジを交換します。これは吸ったときだけ電源が入る仕組みになっているので、少しだけ吸ってまた後で吸うこともできます。もちろん火を使わないので、火事や火傷の心配もありません。

電子タバコは自他ともに有害性が低いし好品です

タバコはメリットがない訳ではありませんが、デメリットの方が多い物です。ですから出来れば禁煙をした方が、良いかと思われます。かといって何も吸うなと言っているわけではありません。タバコの代わりに、電子タバコを吸えば良いと言えます。電子タバコは一般的なタバコと違って、様々なメリットを有しています。そのメリットの一つが有害性の低さです。一般的なタバコはニコチンの有毒性が高く、吸っている人の体をどんどん蝕んでいきます。ですから吸えば吸う程肺がんなどの病気に罹患するリスクが高くなって行きます。また一般的なタバコは吸っている人だけではなく、その周囲にいる人までを病気にしてしまう恐れがあります。その点電子タバコは有毒性が低く、一般的なタバコと違って副流煙が出ませんから、副流煙に因って周囲の人を病気にするリスクがないので、自他共に安心な嗜好品であると言えます。

人気ブランドの電子タバコ(VAPE)が通販で購入出来るVAPESTUDIO。 →VAPESTUDIOのサイトはこちら 日本では、煙が多い爆煙タイプが人気を集めています。 リキッドは消耗品ですが、タバコに比べればずっと経済的です。 電子タバコ(VAPE)本体は分解出来るので、メンテナンスや自分好みにカスタマイズもできます。 Joyetechやaspireを購入可能、デザイン・機能に富んだ様々な電子タバコを選ぶことができます。